[PYROTECH・パイロテック]プロップガン・着弾・爆発・炎上効果・VFX・ブレイクアウェイ製作

TOP PRODUCTS MOVIE VFX CREDIT CONTACT
PRODUCTS

PYROTECH FACTORY
PYROTECHで取り扱っている銃器・小道具・アクセサリー等の一覧です。
ここに掲載していない物に関しても対応できますので、CONTACTよりお気軽にご相談ください。
Automatic
Automatic Gun
Revolver
Revolver Gun
Rifle
Rifle
Shot Gun
Shot Gun
Machine Gun
Machine Gun
Rocket Launcher
Rocket Launcher
Hand Grenade
Hand Grenade
Shoulder Holster
Shoulder Holster
Hip Holster
Hip Holster
Vest
Vest
Accessories
Accessories
Other
Other

マシンガン

H&K MP5A5 サブマシンガン
H&K MP5A5 サブマシンガン

全長:660mm
装弾数:30発

ドイツのH&K社が設計したサブマシンガン。高価で整備性も悪いが、低威力で命中精度が高いことから日本を含めた世界中の警察の対テロ作戦部隊で標準的な装備となっている。
MP5 SD5/SD6サブマシンガン
MP5 SD5/SD6サブマシンガン


特殊部隊向けに内装式サプレッサーを装備したMP5。サプレッサーは弾頭の銃口初速を意図的に低下させる構造のため、高い静粛性がある。
H&K MP5K サブマシンガン
H&K MP5K サブマシンガン

全長:325mm
装弾数:30発

MP5シリーズでも最小サイズにコンパクト化されたモデル。秘匿携行用に特化され、大型の拳銃並みのサイズのサブマシンガンである。
H&K MP5K PDW サブマシンガン
H&K MP5K PDW サブマシンガン


米国H&K支社が開発したMP5Kの強化型。PDW(個人防衛用装備)として開発された。折りたたみ式ストック、フラッシュハイダー装備。サプレッサーの装着も容易に行える。
UZI サブマシンガン
UZI サブマシンガン

全長:470mm
装弾数:30発

イスラエルのIMI社(現 IWI社)製の短機関銃。1953年に量産開始。生産性がよく安価で、整備性も耐久性もよく、軍用や民兵用として普及した。
イングラムM11 サブマシンガン
イングラムM11 サブマシンガン

全長:254mm
装弾数:32発

かつて特殊部隊用のサブマシンガンとして使用されたイングラムシリーズの最小サイズのモデルがM11である。サプレッサーを取り外すと拳銃サイズのサブマシンガンになる。
トンプソン1928A1 サブマシンガン
トンプソン1928A1 サブマシンガン

全長:850mm
装弾数:50(20)発

1920年代はギャング、警察双方に使用されて知名度を得た。その後米軍用として採用され、第二次世界大戦では歩兵用サブマシンガンとして活躍した。
M3A1 (グリースガン) サブマシンガン
M3A1 (グリースガン) サブマシンガン

全長:574mm
装弾数:30発

第二次世界大戦中に米国軍に採用された短機関銃。大幅に生産コストを抑え戦時生産にむいた簡素な銃である。戦後は自衛隊の戦車搭乗員の自衛用武器として長く使用されていた。
PPSh-41 サブマシンガン
PPSh-41 サブマシンガン

全長:840mm
装弾数:42発

第二次大戦時にソ連軍に多用された代表的なサブマシンガン。旧日本軍の兵士からは「マンドリン銃」ドイツ軍の兵士からは「バラライカ」と呼ばれ恐れられたという。
M4A1カービン( R.I.S)
M4A1カービン( R.I.S)

全長:760~840mm
装弾数:30発

コルト社が開発製造したアサルトライフルのカービン(セミオート、フルオート射撃が可能)。
M4A1カービン CQB-R
M4A1カービン CQB-R

全長:720mm

M4A1カービンを、近接戦闘用に銃身を10.3インチに短くしたバリエーション(セミオート、フルオート射撃が可能)。
M16A1
M16A1

全長:988mm
装弾数:30発

アメリカ軍のアサルトライフル(セミオート、フルオート射撃が可能)。
M16A2
M16A2

全長:999mm
装弾数:30発

アメリカ軍のアサルトライフル(セミオート、フルオート射撃が可能)。
AK-47S
AK-47S

全長:650mm
装弾数:30発

1947年にソビエト連邦軍が制式採用したアサルトライフル(セミオート、フルオート射撃が可能)。
AK-47
AK-47

全長:875mm
装弾数:30発

1947年にソビエト連邦軍が制式採用したアサルトライフル(セミオート、フルオート射撃が可能)。
89式小銃
89式小銃

全長:940mm
装弾数:30発

自衛隊、海上保安庁で使用されているアサルトライフル(セミオート、フルオート射撃が可能)。
M60 軽機関銃
M60 軽機関銃

全長:1100mm
装弾数:200発

ベトナム戦争を始めとして多くの実戦で使用された。米軍等で現役からは退役しつつあるが、いかつい外観と映画「ランボー」などの影響でフィクション作品での需要が大きい。
FN MINIMI 軽機関銃
FN MINIMI 軽機関銃

全長:1,038mm

米軍に1984年ごろから配備され始めた分隊支援火器(SAW)。米軍の採用名はM249軽機関銃。5.56㎜と小口径化され、軽量で一人でも運用が可能な軽機関銃である。自衛隊を含め各国で採用されている。
九六式軽機関銃
九六式軽機関銃

全長:1200mm
装弾数:30発

1936年に採用された旧日本陸軍の軽機関銃。日本軍の兵士や鹵獲した米国軍の兵士からも概ね好評だったとの事。
十一年式軽機関銃
十一年式軽機関銃

全長:1100mm
装弾数:30発

1920年代に日本軍が初めて開発、制式採用した軽機関銃。第二次大戦終結まで使用された。特殊な装填架(ホッパー弾倉)や右側に湾曲した銃床などの、奇怪な設計が注目された。
三味線型機関銃
三味線型機関銃


三味線の天神の部分に12連発の発火装置が仕込んである。MVやライブ、バラエティ番組等で使用する。
ギター型マシンガン
ギター型マシンガン


エレキギターのヘッド部分に12連発の発火装置が仕込んである。MVやライブ、バラエティ番組等で使用する。
サイトマップ
©1997-2018 PYROTECH Privacy Policy
Where is the case, movies, images, names and logos are copyright to their respective owner(s)